アラ50が★オナ禁★してみた

40代後半で★オナ禁★を初めて知り挑戦することに!

オナ禁 年代別 オナ禁効果  (禁欲741日)

 

古代インドでは人の一生を4つに区切って4住期(しじゅうき)と呼びわけていました。それぞれ

1.学生期(8歳頃~25歳頃)
2.家住期(25歳頃~50歳頃)
3.林住期(50歳頃~75歳頃)
4.遊行期(75歳頃~終わりまで)


人は年齢を重ねるごとにステージが変わっていきます。今日は4住期をベースにオナ禁の年代別効果を分析したいと思います。

 

 

10代~20代のオナ禁効果 学生期(がくしょうき)

インターネットの普及で今では10代、20代でエロ禁、オナ禁を知れるという素晴らしい環境になりました、一方で麻薬のようなネットポルノも見放題という数年前では考えられない世界になってきています。現代のネット環境はまさに諸刃の剣と言っていいと思います。

 

やはり10代、20代の初めは勉学や運動に「その持てる力を全力でぶつけて自分の可能性を追求する」10代、20代にかいた汗は大人になってから必ずや生きてきます。そのためにも適度な禁欲というのは大切です。ポルノを見たり自慰行為をしていると「記憶力は落ちるし確実に思考力が低下していきます」自慰行為で消費するエネルギーは思考するエネルギーでもあるのです。

 

自慰行為にはまった結果、勉強はできない、運動も中途半端で何をやってもダメになっていきます。「でもそれが自慰行為のせいだとは思わないところが怖いのです」だってネットで調べても自慰は適度なリラックスで健全なこととしか書いてないですから。結果自分は才能がないから何をやってもダメだと思ってしまいます。

 

でも実は貴方の「能力をダメにしているのはポルノであり、自慰行為」なんです(全ての射精行為)

 

いや~やっぱり若い時しか遊べないでしょと思うかもしれませんが「若い時に力を培っておくと年取ってから何十倍も遊べますよ」学生期とは良く言ったものでこの時期に「心身を鍛え将来の生きるためのすべを学ぶ時期」で遊ぶ時期ではないのです。

 

たらればですが私は熱心に勉強して来なかった方なのでご縁があってこのブログを見られた10代、20代の人には老婆心ながら言います。

「10代20代と言うのは将来お金を稼ぐための下地を作る時期です。そのためにも禁欲という絶大なパワーをバックに無駄に浪費するのではなくその力を使うというのが大切だと思います」

 

それと刺激の強いエロを見て抜いたりするのは脳にも影響があります。また性を下品に扱うものは運気を落とすから気をつけたほうがよいです。

 

あと老婆心ながらもう一つ、普段から我慢したり何かに耐えるという訓練をしていると、「いざ何かあったときに魂に力が宿って生命力の強さを発揮出きます」

 

しょっちゅう好きなことばかりしてたら「肝心なときに魂に力が入らない」何かあってもすぐにくじけてしまう、投げ出してしまうという人間としての耐性のない安っぽい人間になっちゃいます。「この時期に節制をすることは一番大切だと感じます」

 

20後半~30代のオナ禁効果 家住期前半(かじゅうき)

20代後半から30代は家住期にあたります。そこそこ給与も安定して人によっては家庭を築いていたり。気力体力共に力がみなぎり男性として脂が乗りかかった時期ではないでしょうか。一家の大黒柱として頑張る時期でもあります。

 

社会人になり自分でお給料を稼ぐようになりお酒を飲んだり女性と遊んだりというある意味第二の青春を謳歌しつつではないでしょうか。

 

同時に10代20代のつけが周ってくる時期でもあります。学生期に好きなことや楽しいことばかりしていれば、おのずと同年代との差もじょじょにでてきたり。

 

でも取り返すのは簡単です、1回でも機会を作って90日程度の禁欲をしてみてはどうでしょう。きっと素晴らしい効果があると思いますよ

 

人生遅いということはありません。「お金使ってビジネスセミナーや自己啓発の本をたくさん読むよりも断然禁欲」をおすすめします。何と言っても禁欲はお金がかかりません、効果がなければ辞めればいいだけです。しかも時間を有効に使えて得しかありません、やろうと思えば今から誰でもできるんですから手軽なものです。

 

もしまだ結婚していない、独身で婚活をしているという方、理想としては禁欲した状態で出会った人、その人には自分は節制しているんだということをきちんと伝えてそれでも良いのであれば継続するという風にするのがベストです。

 

もし私が過去に戻れたらこの点を一番改めたいと思います。

 

既に結婚されてお子様もいてという方も子は親の背中を見てます、親が乱れていると子供も乱れる確率が高くなります。禁欲するといのはとても重要かと思います。ただし、奥様がいて禁欲だと不満が出てくる場合があるかもしれません。理想はきちんと話合われることでしょうか。

 

因みにプロ野球選手はパフォーマンスが全てです。一流選手はシーズン中は一切性交渉しないと聞いた事があります。オフの時期に子作りにはげみ、シーズン中は一切抜かない、万が一スランプになれば死活問題だからです。それくらい性行為はエネルギーを浪費してしまうということです。

 

家庭と仕事の両立にはかなりのエネルギーが必要です。是非エロ禁、オナ禁で男の持つエネルギーを最大限化して家庭と仕事に向けることで次の年代への大きなステップができることは間違いないでしょう。

 

40代のオナ禁効果(家住期後半)

40代も区切りでは家住期ですが現代では仕事での責任が増え、部下を持ち肩書きがついて社会的な立場が重くなります。

 

当然、就業時間も増え、会社員として継続していくのであれば、出世競争で今後の待遇が大きく変わってくる時期でもあります。

 

40代以降は完全禁欲してもなんら問題ないと思います。エロや自慰に使っていた膨大なエネルギーや時間を他にまわしたら莫大な力になり、新たな気づきもえれます。

 

子供のいる方も子供は親の背中を本当に良く見ていますからね、親がオナ猿だと子も同じようになる可能性が高いです。

 

世のお父様方は会社でストレスを感じて自宅に帰っても居場所がないなんて方も多いと思います。それでちょっと一杯外で飲んで個室ビデオや性風俗で抜いてから帰宅が楽しみという方も多いと思います。

 

いやはや実はそれが更なるストレスを生んでしまってるんです。百聞は一見に如かず。もし、家庭環境が大きなストレスになっているのなら、是非エロ禁、オナ禁をしてみてください。家庭はまとまって家族として大きな力を発揮し、貴兄の生活を後押ししてくれるような存在になります。

 

50代~60代のオナ禁効果 林住期前半(りんじゅうき)

50代に入るとある程度社会における地位が確定してきます。古代インドの林住期では半ば社会を引退で林の中にこもり修行や瞑想をすると言われています。ようは自分の内面と向きあい人間として成熟を目指す時ということでしょう。

 

現代では人によっては企業戦士として勝ち残り、部長、役員というレールが敷かれた人そうでない人が分かれてきます。まだ現役バリバリの世代でもあります。

 

一方で出世競争に敗れ早々に子会社への転籍が決まり、社会人人生も先が見えてしまったという人もいます。気力も体力も全て右肩下がりで既にガソリンが切れてしまっている状態。ふとした時に俺の人生はなんだったんだと。人生を悪い意味であきらめてしまう人も多い気がします。

 

子育ても一段落したけど気力が落ちていると言った方は是非禁欲してみてください。「半ばあきらめかけていた人生にもう一度明かりがともりますから」

 

人によっては親の介護なんかも出てきて、今までになかった試練があらわれてきます。そんな大変な時期もオナ禁、エロ禁したら簡単に乗り越えられます。健康ならまだ30-40年も生きて行かなければなりません。「50代の人はもう失うものなんて何もないですから禁欲してみては」

 

若いときに比べたら少し効果が出るのに時間かかるかもしれませんが、今まで蓄積された知識や経験という貯金があります。また違った形で禁欲という忍耐が新しい世界を見せてくれることうけ合いです。

 

70代以上のオナ禁効果 遊行期(ゆぎょうき)

70代になった時に体力や気力がどういう状態なのか経験していないのでわかりませんが、以前雑誌で昼間の個室ビデオ客の8割が60代以上という記事を読みました。

 

やっぱり皆さん元気なんですね、その年代になってもきちんと自慰ができるということにまず驚きました。でもその年でしてるってことはかなり長い間されている方が多いんじゃないでしょうか。

 

遊行期というのは人生の終焉に向けて準備をする時期で古代インドでは巡礼して悟りをえると言います。日本ではそのようなことは難しいでしょうがもし定期的に抜いている方は一度辞めてみては。禁欲を長く続けている方のブログに(年齢は60代半ばくらい?)死への恐怖が無くなったとありました。

 

本来であれば人間はひんぱんに抜くように出来ていないのでまだ抜けるから元気だぞ!ではなく禁欲を一度でも人生で試してみるのもいいのではないでしょうか。

 

まとめ

10代、20代の方はまずオナ禁効果を狙うのもいいですが何かを我慢する、忍耐力を養うということがすごく大切だと思います。

 

本当に現代のポルノは頭を悪くするし、依存性が強いのでどれだけの影響があるかはかり知れません。私らが10代、20代はエロ本とビデオしかなかったのでより禁欲が求められていると言えるでしょう。

 

若いときは抜くという行為が生理的現象なのでエロ禁は必要だとしても長期の禁欲とか無理はしないほうが良いと思います。

 

30代は人生これからという時期、盛んとは言え20代に比べたら肉体的衰えを感じるときがあるかもしれません。家庭や社会を持ち一番脂の乗っている時期にオナ禁をしたら楽しいだろうなと思います。

 

40代はまさにオナ禁をするに一番適した年代だと推測します。何故なら日々のストレスにさらされ、白髪が出て、老眼になり体力的にも精神的にも老化を意識し始める年代だからです。

 

50代になるとある程度先が見えてしまい、人生も終盤戦に突入したなという気持ちになる人が多いと思います。どちらかというとマイナス思考でそう考える人が多い。なのでここは是非エロ禁、オナ禁をしてせめて気分的にはポジティブな状態でいてほしいと願います。

 

60代、70代でひんぱんに抜いている人は少ないかと思いますが、もしそうであったら人生で一度はオナ禁してみませんか?効果はすぐには出ないかもしれませんが、素晴らしい発見がたくさんあるかもしれません!

 

 

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします。
↓↓↓

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 禁欲へ
にほんブログ村